中医アロマとは

西洋のアロマセラピーと東洋の中医学という2大植物療法を融合したもので、イギリスですでに実践されている予防医学のひとつです。中国で古代より伝わる伝統医学の考え方をもとに、体質や症状に合ったエッセンシャルオイルを選び、ツボや経絡に沿ってやさしくトリートメントをし、人間本来備わった自然治癒力によって心身の健康を取り戻していきます。

アロマは香りが直接脳に伝わります。そのうえ、オイルマッサージの手技が加わるので、筋肉や関節をやわらかくしたり、精油が皮膚の奥に浸透して、気・血・水の流れをスムーズにする働きがあります。

人間を自然の一部と考える中医学と、100%天然の植物から抽出された精油の自然の力を借りて、体や心を本来の状態にリセットしましょう。

 

陰陽五行

医学の理論は陰陽五行論(古代中国で生まれた哲学)がベースになっています。

すべてのもの・現象を陰陽と5つのエレメント「木・火・土・金・水」に分けその関係性の変化によって診断から治療方法まで導き出します。また、それぞれが「相生(そうしょう)助け合う・相剋(そうこく)打ち消しあう」という関係性があります。

「相生関係」=ほかの要素を生み出す (例: 木 生 火 = 木は火を生む)

「相剋関係」=ほかの要素を抑える (例: 木 剋 土 = 木は土の中に根をはり土を割って芽を出し土の養分を吸収して育つ)

万物はこの五つの要素に分けられそれぞれが助け合ったり、打ち消しあったりとバランスを取ることで成り立ち、どれ一つが欠けても成立しない基本物質だと考えました。

中医学では体の機能を「肝・心・脾・肺・腎」の5つに分けて五行に対応させています。

「肝」 →血を蓄え、気を巡らせる働き。

「心」 →血を送り出すポンプの役割と脳のような精神や思惟活動。

「脾」 →消化吸収に関わる働き。

「肺」 →呼吸機能をつかさどり気や水を流す働き。

「腎」 →生命活動や生殖活動を維持する働き。

 

このように、中医学では肝・心・脾・肺・腎とは、臓器の名称ではなく、それぞれの働きや役割、機能をそのように呼んでいます。

そして、基本物質を体の機能にあてはめ、「肝木 心火 脾土 肺金 腎水」として考えます。

 

このバランスの取れている状態が健康であると捉え、五臓の働き、相生・相剋の関係が乱れていると、様々な症状が起きると考えます。

Please reload

中医学では体の機能を「肝・心・脾・肺・腎」の5つに分けて五行に対応させています。
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now